TOP > アキレス腱断裂を手術せず杖なしで歩きながら治す

アキレス腱断裂を手術せず杖なしで歩きながら治す

 手術のようなリスクは一切無く、歩行しながら4〜5週間ほどでほぼアキレス腱が癒合します。アキレス腱断裂の保存的(手術をしない)歩行治療法の固定の方法をご紹介します。

アキレス腱断裂を手術しないで杖なしで歩きながら治す(1)

レナサーム(熱可塑性スプリント)をベルクロで固定し足の形に合わせます。

アキレス腱断裂を手術しないで杖なしで歩きながら治す(2)

この状態で歩行をしてもらい足への適合をチェックします。スプリントに綿などを当て包帯で本固定します。その上をベルクロで固定します。治療中は「がに股」で歩行します。階段の上り下りも可能です。

アキレス腱断裂を手術しないで杖なしで歩きながら治す(3)

4〜5週後にこの固定を外します。スポーツは固定開始から3か月後〜です。

 今まで保存療法で行っているギプス固定とは違い、固定とはいっても運動制限という程度の軽い固定なので筋肉の萎縮も少なく、手術をしたものより治りが早いのが特徴です。今後、この治療法が世界的にもスタンダードになってゆくでしょう。信じられないかもしれませんが事実です。これでもあなたは手術しますか。

 通院はたったの2回で済みます。【1回目】患部を診察し、固定を行います。【2回目】4〜5週目に再度来院いただいて固定を除去します。固定期間は4〜5週間ほどで、固定直後から松葉杖不要で歩行できます。治療費は80,000円です。

 遠方から来られてもメリットがあると思いませんか。愛知、岐阜、三重、静岡、東京、埼玉、千葉、群馬、大阪などから来院される患者さんの実績もあります。
 ご希望の方は、電話 0265-25-1008までご予約をお願いします。

-------

This is a method for curing a ruptured Achilles tendon which does not involve surgery and allows the patient to walk during the recovery period of about 4-5 weeks. Where as an operation on the Achilles tendon has risks, there are no risks associated with this method.

During treatment the patient will only need to visit the hospital two times.

At the first visit the patient will be examined and the affected foot bandaged.

At the second visit will take place after 4-5 weeks and the bandage will be removed.

Treatment costs are 80,000 yen.

Over the course of 4-5 weeks of treatment it is possible to walk without crutches from immediately after having the foot bandaged.

We have successfully treated patients from Aichi, Gifu, Mie, Shizuoka, Tokyo, Saitama, Chiba, Gunma, Oosaka and others.
For further information and reservations please call 0265-25-1008.

-------

当院での治療実績などは、院長のブログ『パンダのつぶやき・かっぱのぼやき』「アキレス腱断裂歩行療法」をご覧ください。

施術例

※この症例では4週間で固定を外すことができました。

前側用にレナサーム(熱可塑性スプリント)を3枚重ねて固定作りを行います。

次に後側用にレナサームを4枚重ねて固定作りを行います。


あらかじめそれぞれのレナサームに綿花を当てておきます。

アキレス腱がきれいに着くように綿花の棒ではさみます。

前側用・後側用のレナサームで挟んで、包帯固定したあと、さらに弾力包帯で固定します。

できあがり。

歩行に杖は必要ありません。ただし必ずがにまたで歩いてください。

――― 4週間後 ―――

アキレス腱がきれいに付いています。固定除去直後で綿花の棒での圧迫の後がはっきりわかります。

左右の比較写真です。この症例では、右側は以前にアキレス腱断裂を手術で治しています。

固定除去して歩行開始します。
受傷後2ヶ月(固定除去後1ヶ月)で普通の生活ができるようになり、受傷後3ヶ月(固定除去後2ヶ月)でスポーツができるまでに回復しました。

アキレス腱断裂保存歩行療法をご希望の患者さんへ

 固定したその時から歩行ができます。杖は要りません。固定は4〜5週間。リハビリ期間も短いです。遠方からでも来ていただく価値は充分あります。

 私の都合がつけばご自宅に伺い治療をさせていただくことも可能です。詳細は、電話 0265-25-1008にて「アキレス腱断裂の相談」とお伝え下さい。

 また、お近くの整骨院・接骨院・整形外科の先生とご一緒にご来院いただいても結構です。あなたへの治療によって、あなたの近隣の未来のアキレス腱断裂の患者さんを助けることができます。アキレス腱断裂保存歩行療法の普及にご協力下さい。
 先生の了解が得られましたら、先生からお電話を入れていただくようお願いして下さい。詳細は、電話 0265-25-1008にて「アキレス腱断裂の相談」とお伝えいただき、「治療院名と先生のお名前」をお教えください。

整骨院・接骨院・整形外科の先生へ

アキレス腱断裂歩行療法を学びませんか。固定中も松葉杖なしの歩行が可能で、浮腫も少なく、下肢筋の委縮も少ないこの治療法を日本中いや世界中に広めたいと思います。そのお手伝いをしていただけませんか。
 患者さんをお連れ頂き実際の固定法を学んでいただきます。来院は2回から3回です(初回固定時、2週経過後に固定チェック:経過が良ければ来院はなし、4〜5週後に固定除去)。
 一度臨床を見て頂ければ2例目の患者さんは先生が自信を持って治療できます。もちろんご相談にも乗らせていただきます。私の都合がつけば先生の治療院に伺い固定をさせていただくことも可能です。費用など詳細は、電話 0265-25-1008までお願いします。